生活習慣病予防ガイド

生活習慣病予防ガイド

HOME >>  生活習慣病に関する記事 > 病気の原因となる生活習慣

病気の原因となる生活習慣

生活習慣病の原因となる要素は、食事と喫煙と運動です。食事に関して、栄養バランスが取れていない食事を取り続けると、肥満や貧血などの原因で生活習慣病になりやすいです。また、食事の行い方で生活習慣病に直結する場合があります。

例えば、食事を行う場合にゆっくり噛まないで早く食べてしまうと、満腹中枢を刺激しない事によって、気がつかないうちにカロリーオーバーになって、肥満の原因になります。また、早く食べる事を継続すると、血糖値の調整がうまくいかなくなって、最終的には糖尿病になります。食事による生活習慣を整えるためには、時間を掛けてゆっくり食事をする事と栄養素のバランスを整えた食事を行う事です。不徹底な生活習慣を放置しておくと、肝臓に脂肪がたまって、脂肪肝などの大きな病気を引き起こす危険性もあります。

喫煙に関して、タバコの中にはニコチンという物質が入っていて、タバコの中に含まれる物質が肺にたまったり、血液中に溶けることによって病気の原因となります。喫煙は結果的に生活習慣の乱れやストレスが溜まる事によって増える場合が多くて、生活習慣病を促進する結果につながります。従って、喫煙をしている人は自分の使っているタバコの本数を把握して、出来るだけ病気を防止するために喫煙を控える努力を行う事が重要です。

運動に関して、運動を行わない人はカロリーを消費しないので、体内に消費されなかった分のエネルギーが溜まっていって、最終的に内臓脂肪や皮下脂肪が増えていきます。脂肪が体内に溜め込んでいく事で、生活習慣病の元となります。運動を行えば、体内によどんでいる脂肪を消費して、新陳代謝を活性する事によって、生活習慣の改善にもつながります。

© 2014 生活習慣病予防ガイド All Rights Reserved.