生活習慣病予防ガイド

生活習慣病予防ガイド

HOME >>  生活習慣病に関する記事 > 食事と運動との関係性

食事と運動との関係性

生活習慣病は、色々な恐ろしい病気を引き起こすきっかけとなる、病気です。そのことから、生活習慣病と診断された場合は、毎日の生活の中で、その習慣をやめることが大切となってきます。また、診断をされなくても、そのような危険な生活をしていると、生活習慣病になる恐れがあります。

その生活習慣病というのは、その名前の通り、毎日の生活の中で起こりうる内容となっています。それは、血圧が上がったりすることによって、脳梗塞になったり、心臓の病気になったりすることがあるのです。また同じようにコレステロール等の体のなかにたまることによって、血管が詰まったりすると、危険な状態になります。

そのため、その生活習慣病となったら、できるだけ早くその習慣をやめることが大切です。そしてその習慣として、まず挙げられるものは、食事があります。食事については、脂っこいものを食べたり、塩気の多いものを、多く摂取することによって、その病気になる恐れがあるのです。そしてそのようなものは美味しいのですが、その怖い症状を引き起こす恐れがあることを思って、制限することが大切です。

そしてそれは、全くそのような食事をとってはいけないということではなくて、程度に応じて摂取することが大切です。それは、その量を少なくして、野菜を多く取るようにしたり、体に良いとされる食品を中心に献立を考える事です。
そして一番大切な事は、そのことをいつも意識をしている事です。そのため、外食をするとしても、そのことを頭において、メニューを考える事が大切です。

また食事と同じように運動をすることも大切となります。運動をすることによって、代謝が高まり肥満を防止することができます。

© 2014 生活習慣病予防ガイド All Rights Reserved.